この記事は約 4 分で読めます

あなたの疲れは低血圧が原因かも?オススメサプリで徹底対策!

あなたの慢性的に取れない疲れ。
もしかすると低血圧が原因の可能性もあります!

低血圧は血行障害ですので、普通の人と比較するとエネルギーを生む力が弱まっている状態でもあります。

なので普段からエネルギーが不足し疲れを感じたり、単純に血流が滞ることで倦怠感やだるさを感じている可能性もあります。

今回は低血圧が原因で疲れが取れない人へ向けて、疲れ対策のためのおすすめサプリメントをピックアップしてみました!

低血圧気味な自覚があり、疲れや気だるさに悩まされている人は参考にしてみてください。

 

 

まずは低血圧の種類からおさらい

まずは軽く低血圧の種類についておさらいしていきましょう。

あまり詳しい医学用語などを使うとややこしくなりますので、シンプルに低血圧の種類について解説していきたいと思います。

 

 

本能性低血圧

1つ目は本能性低血圧です。

この低血圧の人がかなり多く、体質や遺伝で慢性的に低血圧になるタイプですね。

体の疲れやだるさ、倦怠感などを感じる人が多く、子供の時から疲れやすい人はこのタイプを疑ったほうが良いかもしれません。

 

 

起立性低血圧

次に起立性低血圧。

これは読んだ通り立ち上がったときにフラットしてしまう症状です。

立ち上がる際に血圧が急激に下がることで「低血圧」になるタイプですね。

普段は低血圧とは無縁な人も、自律神経が乱れているときなどに起こりやすい症状でもあります。

 

 

二次性低血圧

二次性低血圧は、様々な病気のために服用している薬の副作用が原因で低血圧になってしまうタイプです。

食後のめまいや倦怠感などを感じるケースは、二次性低血圧であることが多いです。

普段は低血圧と無縁な人や、逆に高血圧の人も低血圧の症状が出てしまうことがあるのが「二次性低血圧」です。

 

 

低血圧の疲れやだるさに悩む人におすすめなサプリ

3つの低血圧の種類について解説してきましたが、要はフラッとすることがある人や、慢性的に気だるさや倦怠感からの疲れを感じている人は低血圧が原因の可能性があるということです。

そんな症状に悩んでいる人は、これからおすすめするサプリを摂取することで体の内側からアプローチをしていくことをオススメします。

もちろん疲れだけではなく、頭痛や吐き気などを含む低血圧に悩まされている人は、医療機関の診察を受けることを強くオススメします。

ですが、そこまで重い症状ではなく、慢性的な気だるさや疲れを少しずつ楽にしたいと考えているような人は、自分に最適なサプリを摂取することでアプローチしていくのも良いのではないでしょうか。

 

 

マルチビタミン&ミネラル

低血圧全般でオススメしたいのはマルチビタミン&ミネラルです。

冒頭でも挙げましたが、低血圧で疲れが目立つ人は慢性的なエネルギー不足であることが多いです。

マルチビタミン&ミネラルに含まれるビタミンB群は、糖質がエネルギー源になるのをサポートしてくれる栄養素で、タンパク質をアミノ酸に分解し有効利用するためにも必要ない栄養素!

つまり摂取した栄養素をエネルギーに変換するために重要な栄養素なのです。

また各種ビタミンやミネラルも補給できるため、低血圧以外の栄養不足が原因で疲れが溜まっているケースもケアできます。

エネルギー面も健康面もサポートできるのが、マルチビタミン&ミネラルの魅力です。

 

 

カルニチン

次にオススメサプリはカルニチン。

体内のカルニチンのほとんどは筋肉に存在しているので、身体の中で多くのエネルギーを生み出す部分でもあります。

そしてカルニチンは加齢とともに減少してしまう成分ですので、エネルギー産出のためにも積極的に摂取したい成分です。

牛肉に多く含まれる成分ですが、コスト面からも食事からは中々十分な量を摂取するのが難しいところがあります。

サプリであれば比較的安価に摂取することが可能なので、エネルギー不足が目立つ低血圧気味な人はカルニチンをサプリで補給するのも選択肢の一つに考えると良いでしょう。

 

 

コエンザイムQ10

美容成分として有名なコエンザイムQ10ですが、今では健康のためにもサプリで摂取する人は増えています。

エネルギーを作り出す補酵素として作用する成分ですので、エネルギーが慢性的に不足気味な人におすすめ!

その優れた抗酸化作用は、細胞の衰えを防ぐためにも用いられます。

細胞を元気にしエネルギーを生み出すための成分として、ぜひとも積極的異摂取したいのがコエンザイムQ10なのです。

 

 

サプリメントで低血圧の疲れを解消していこう

今回は低血圧の疑いがあり、慢性的な疲れに悩む人へオススメなサプリについて解説してきました。

繰り返しになりますが、頭痛や吐き気を伴うような低血圧症状が出ている人は、医療機関で診てもらうことをオススメします。

ですが、そこまでではなく低血圧のようなだるさや慢性的な疲れに悩む人は、今回紹介したサプリを試してみることをオススメしますよ。

また軽い運動を組み合わせることをオススメします。

端的に言えば筋肉が少ないと血液の循環が悪くなってしまいます。

ただでさえ低血圧で体の巡りが悪くなっているのに、筋力が低下していくことで血液の循環機能が低下して、ますます疲れが取れにくい体質になってしまいかねません。

いきなりランニングや激しいスポーツなどをする必要はなく、軽い散歩程度でも十分な運動になります。

低血圧のような自覚があり、慢性的な疲れやだるさに悩まされている人は、今回紹介したサプリ+軽い運動を組み合わせることで、少しずつハツラツとした快適な毎日を目指していきましょう!

 

 

カテゴリー
タグ